YARD

LANDSCAPE PLANNING OFFICE
<< 戸越銀座マンション 着工 | main | アメリカデイゴ >>
赤坂の菜園
 
こんにちわ。

先日、赤坂にて家庭菜園用のコンテナを作ってきました。


今回は赤坂、ミッドタウンのすぐ裏あたりにある中華料理「トゥーランドット臥龍居」さんからのご依頼で、お店のすぐ脇と裏にある敷地に家庭菜園用のスペースやコンテナを置きたいとの事でした。

駐車場を作業場として使わせて頂き、木工作業をすすめていきます。


この日の最高気温は28度の予報でしたが赤坂は29度超。
日差しが強く、、アスファルトはさらにじりじり熱くなっていきます。

と思えば突然の雷雨に泣かされます。
すぐにブルーシートで養生して雨水を防ぎます。


広めの駐車場は作業がはかどります。

仕様は同じですが、菜園用コンテナと植栽用コンテナの2種類のプランターを作ります。
木工作業が出来たところで、土入れします。


計4トンの黒土と堆肥、軽量土壌を使います。
これを2人でプランターへ。。

撹拌機を使ってしっかりと土をブレンドします。

土ができたら樹木を植込みます。
プランターが腰高なので、ユニック車から直接プランターへ落としていきます。


樹木を植えたら根鉢の周りに水を流し込んで泥状の土で隙間を埋め、根鉢を安定させます。
この作業を水極めと言います。


夏みかん。実なってますね。


支柱はしないので、裏側に木枠を作り、控えをとって転倒防止します。
これで植栽コンテナの方は完成。

次は菜園コンテナ。
菜園コーナーは日中、一番日当りの良い場所で。
工事途中、上部にパーゴラを追加で設ける事になり、その場で設計変更して作成。
これで網をかけて蔓性植物がうまく絡まれば室内向けのグリーンカーテンにもなります。


家庭菜園は水やりが肝心。
既存の散水栓から自動給水ボックスを取付。
分岐を設け使いやすい蛇口も取付。


無事パーゴラも完成。


全体に潅水ホースをまわして工事完了。
苗はお客様のほうで好きな物をご用意されるとの事でした。
どんなものを植えて、いつ収穫するかなど考えながら作るのは
家庭菜園の楽しみでもあります。

赤坂の一等地。出来る野菜はどんな味がするんでしょうか。気になります。
元気で美味しい野菜達が出来ますように。


井上




| WORKS | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yardlandscape.jugem.jp/trackback/330
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK

Copyright © YARD LANDSCAPE PLANNING OFFICE. All rights reserved.