YARD

LANDSCAPE PLANNING OFFICE
<< UR Doors lineup | main | BOTANICAL GARDEN Workshop >>
苔庭

こんにちわ。

東京の開花は2002年に並び、歴代タイ記録に早い開花だったそうですね。
暖かくなってきて庭の植物にも動きが出て来てます。

今回ご依頼いただいたのは練馬区の個人邸です。
住宅の中庭にあたる箇所ですが、既存樹が弱ってしまい、植替えのご相談をいただきました。

現場を拝見すると、イロハモミジが1本あるだけでした。
元々は株立ちだったのですが、現在は幹が1本だけになってしまい、確かに弱々しい感じです。

これを交換するのも勿論可能ですが、弱っているとはいえ、まだまだ生きている木なので、ここはこの木を活かす方向で見た目も良くなるプランニングにしました。

before

数本ある幹の内、既に枯れてしまっているものは株元からバッサリ切ってしまいます。
フッキソウも再利用する方向で一旦綺麗にならします。


綺麗にならしたら今回新植する木の位置を決めます。
お施主さんのご希望で1Fでもイロハモミジを入れる事になりました。


客土を入れ、全体の地形を作ります。
奥のレベルをあげて若干ですが視覚効果で奥行き間のある感じを出します。
景石を配し、土留めの役割を持たせます。


草本をあしらい、苔張りして完成。


Before

2Fに上がると1Fでは幹だけだったイロハモミジの枝ぶりがよく見えます。
こちらも一旦切り戻して、枝を整え新芽を吹かし直します。



剪定後。もう暖かい季節なので新芽の勢いもあり、軽めに抑えてます。


中庭には日中、ほとんど直射が当たらない場所だったので日陰〜半日陰を好む苔達で構成しています。


今回は一人で実質1日で終えてしまう作業でした。

吹き抜けの中庭を囲むような設計のお宅なので、中心となる庭がリフレッシュされ、どこからでも緑を感じる事ができます。
この中庭が家全体に良い影響を与える運気を取り込んでくれそうな感じになりました。


井上

| WORKS | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yardlandscape.jugem.jp/trackback/348
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK

Copyright © YARD LANDSCAPE PLANNING OFFICE. All rights reserved.